タクシー運転手

タクシーについての情報や日々の出来事などを発信しています。

安全よりも慣わしを選ぶタクシー業界。

誰が言い始めたのか謎ですが、

 

「タクシー運転手はサングラスを着用しない方がよい」

 

という謎の慣わしがあります。

 

他社はわからないですが、僕が働いてる会社ではサングラスの着用が禁止になっています。

 

先輩に理由を聞いてみたら、印象がよくないためらしい。

 

…マジか…コレ、なんとかならないかなホント…

 

ちなみに他社さんもサングラスをしている運転手を見たことがほとんど無いところをみると、おそらく僕が走ってるエリアの会社は皆、禁止なのかもしれません。

 

いくらプロだからって生身の人間ですので、西日に向かって走る時はホントにキツイです。

 

確かにタクシーもサービス業なので、サングラス着用で接客はいかがなものかという意見もわからなくもありません。

 

しかし、プロだからこそ眩しい時はその対策をすべきだと僕は思います。

 

一般の方でも眩しい時にサングラスを使うなんて特別珍しいことではありません。

 

西日だとまず信号が見えなくなります。

 

赤なのか青なのか、マジで見えなくなるので歩行者用の信号や、対向車の様子を見て恐る恐る走る始末です。

 

サンバイザーを下ろしても視野が狭くなるし、結局信号機が見にくくなるだけで、危険度合いはそれほど変わりません。

 

サンバイザーに取り付ける車用サンバイザーもしっくりきません。

 

しかも、西日の時間帯は歩行者や自転車の動きも活発です。

 

もしかしたら過去にサングラスで防げた事故もあったのかもしれません。

 

今年は日本でタクシーが誕生してから110年の記念の年となります。

 

長い歴史の中でサングラスの必要性を訴えた人がいたのか、それとも安全性を蔑ろにしてまで、お客さんの意見を優先してしまうタクシー業界の悪手の結果なのかよくわかりませんが、そんなんで事故を起こしてしまったら、そんな間抜けなことはありません。

 

あ~せめて西日がキツイ時だけでもいいからサングラスを掛けてもいいってならないかな~(´Д`)

 

なんだろ?例えるなら駅とかデパートでトイレに入っていく人を見ても、とりわけ気に掛けることは無いと思いますが、それと同じように、西日の時間帯にサングラスを掛けてる運転手を見ても、誰も何とも思わないような、寛容な世界になってほしいです(´Д`)